知らないと損するワキ毛のお手入れ方法

知らないと損するワキ毛のお手入れ方法

公開日: : 最終更新日:2014/02/06 ムダ毛処理と脱毛 ,

知らないと損するワキ毛のお手入れ方法

知らないと損するワキ毛のお手入れ方法

ワキ毛のお手入れと一言で言っても、実際にワキ毛をお手入れする方法って沢山ありますよね。
欲を言えばあれこれ試してみたいもの。けれど結局は、いつものやり慣れた処理で済ませていませんか?
今回はワキ毛の処理についてもっと知ってもらうために、お手入れ方法とその注意点をいくつかご紹介しています!

ワキ毛を剃って処理する

気軽にできるのと、あまりお金がかからないのが、カミソリを使ったワキ毛処理です。
お風呂に入った時に、パパッと済ませているという人もいると思います。そういう人が気をつけないといけないのが、カミソリの保管の仕方です!

ほぼ毎日使う浴室は、湿度が高く、ジメジメしているので、カミソリを置きっぱなしにしていると、雑菌が繁殖し、カミソリ負けなどから感染症をおこす可能性があるので、絶対に注意が必要です!

お風呂場でカミソリを使った後は、汚れをキレイに洗い流してから、湿度の低い場所で乾燥させておく必要があります。
また、消毒用のエタノールを使って滅菌しておくと、さらに安心ですよ♪

『え?そこまでするの?』

と思うかもしれないですけど、実際に自分のワキが雑菌による感染症になってしまったらどうしますか?そう考えてみれば、多少面倒でも、きちんとケアをした方が良いですよね。

ワキ毛を抜いて処理する

ワキ毛を抜く処理の王道といえば、やはり毛抜きですよね。これも、かなり経済的な処理法といえます。

ただし、毛抜きによる処理には、毛根を抜いた部分がブドウ球菌に感染して炎症をおこす毛嚢炎(もうのうえん)や、ワキの下の黒ずみの原因になる色素沈着とかの、深刻な問題に繋がりやすいので、細心の注意を心掛けてください!
抜く処理の前後は、必ずワキの下を清潔に保つこと。また、無理に毛を引き抜くのを避けることを心がけて、肌トラブルを防ぎましょう!

トラブルは起こってからでは遅いので、事前に注意して、キレイなワキを保てるようにしていきましょう!

除毛剤でワキ毛を処理する

毛のタンパク質を溶かすことで、肌の表面に出ている毛を除去する除毛剤は、クリームやジェル、フォームなどのタイプが販売されています。
安いものでは千円以内という、結構手ごろな値段で買えるのと、『ワキに塗って拭き取るだけ』という手軽さがウケて、リピート率も高いようです!

毛を無理やり引き抜くような肌への負担がなく、また、毛先を鋭く剃り落すカミソリと違って、生え始めのチクチク感がないのが人気のポイントですね。

ただし、ひとつだけ避けることができないのが、除毛の効果によって、皮膚の表面のタンパク質も溶けてしまうということ。そのため、使用後は、除毛剤をしっかり洗い流すこと!そして、使用後は必ず、タンパク質を補うことができる保湿クリームでケアをする必要があります。

ワックスでワキ毛を処理する

ワックスが、ワキ毛全体をしっかり掴んだ状態で、毛根から一気に引き抜くのが、ワックスによる脱毛の仕組みです。脱毛を繰り返すことで、毛が細くなり、徐々に手入れがしやすくなります。

ワックスとワックスをはがすシートが別々になった製品と、あらかじめシートにワックスが塗ってある製品がありますが、効果に違いはあまりないようです!また、最近では、肌に優しいということで、砂糖やハチミツなどの自然素材を使ったワックスが増えてるようです。
とはいえ、毛を引き抜くことでは、毛抜きと同じ。肌への負担や、感染症へのリスクがあるため、使用法をよく守って使用すること大切です!

家庭用脱毛器でワキ毛を処理する

実際に今私も脱毛は家庭用脱毛器を使ってるんですけど、最近人気なのが、脱毛サロンのような脱毛の処理が、家庭でも手軽にできる脱毛器です。

1万円前後で買えるものから、5万円前後と少々値が張るものまで、製品によって値段はさまざま。
最近ではワキ毛の脱毛なら600円とか500円で通いたい放題の脱毛サロンも増えてるので、ワキ毛の脱毛なら、正直脱毛サロンの方が完全に安いです。

脱毛器は、ローラーなどに毛を巻き込んで毛を抜くものと、光やレーザーの照射によって毛根にダメージを与えて毛を抜く、2つのタイプに分かれます。

やはり、抜くタイプでは、肌への負担と痛みは避けられません!
また、光やレーザーを照射するタイプでは、黒いメラニン色素に反応して毛根にはたらきかけるのは、どちらも同じなのですが、使用感や効果に違いがあります。
光照射のタイプは、痛みが少ない反面、毛が生えてくる可能性が高いのが特徴ですね。

また、レーザー照射のタイプは、痛みが強く、さらに照射範囲が狭いため、一回の脱毛で何度も照射を行う必要がありますが、光照射のように何回も行う必要がないのが特徴です。

ちなみに私は光照射タイプの脱毛器を使ってます。私の使っている脱毛器は、なかなか優れものなので、ムダ毛もそんなに生えてこないですし、かなり満足してます。
1万円前後の脱毛器は、まったく効果のないものが99%と言っても過言ではないので、確実な効果を求めるなら、5万円以上の脱毛器が必須です!

脱毛サロンでワキ毛の脱毛をする

手頃な値段で通えるのがエステや脱毛サロンのメリットです。両ワキ脱毛が通いたい放題で600円や500円で出来てしまうので、これに勝るものは正直ないですね。
実際私も両ワキに関しては脱毛サロンで脱毛しました。私が脱毛したのはミュゼです♪

ただし、脱毛サロンに通うからといって永久脱毛ができるわけではないので、そこはお間違えなく!
永久脱毛と言われる脱毛方法は、今のところエステテイックTBCのスーパー脱毛(ニードル脱毛)のみとの事です。ちなみにこのスーパー脱毛は結構痛いです!!

また、エステや脱毛サロンだと、勧誘がしつこいというイメージがいまだに強いようで、サロンに通うことを躊躇する人は、まだまだ多いようですね。
実際、私がミュゼに行っていた時は勧誘は全然されませんでした。今は他の脱毛サロンでも勧誘は全然ないみたいですよ♪

ワキ脱毛と一言で言っても脱毛方法も色々です。ご自分に合った方法を探してみてくださいね♪

関連記事

正しい脇のお手入れを知ってキレイを作ろう!

正しい脇のお手入れを知ってキレイを作ろう!

正しい脇のお手入れを知ってキレイを作ろう![/caption] 女の子にとって、必須のムダ毛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

効果は嘘?アスタリフトの口コミから真実を暴露!本当に効果のあるエイジングケアとは
効果は嘘?アスタリフトの口コミから真実を暴露!本当に効果のあるエイジングケアとは

効果は嘘?アスタリフトの本音の口コミから真実を暴露!本当に

eat meで痩せないならダイエットは無理?口コミから見たeat meの効果
eat meで痩せないならダイエットは無理?口コミから見たeat meの効果

eat meで痩せないならダイエットは無理?口コミから見たeat m

エストロゲンとは ~エストロゲンの役割~
エストロゲンとは ~エストロゲンの役割~

エストロゲンとは ~エストロゲンの役割~[/caption]

シュアワ 炭酸泡の洗顔石鹸で毛穴ピカピカの潤い肌になると話題沸騰中!
シュアワ 炭酸泡の洗顔石鹸で毛穴ピカピカの潤い肌になると話題沸騰中!

シュアワ 炭酸泡の洗顔石鹸で毛穴ピカピカの潤い肌になると話題沸騰中!

磯山さやかのラブリーナイトブラが口コミで話題です!
磯山さやかのラブリーナイトブラが口コミで話題です!

磯山さやかのラブリーナイトブラが口コミで話題です![/caption

→もっと見る

PAGE TOP ↑